プロポリスの鎮痛作用

頭痛、歯痛、腰痛、生理痛などを緩和するために、鎮痛剤を常に服用しているという方はいらっしゃいませんか? 痛みの原因は様々ですし、痛みが起こるたびに病院に行くのは大変ですよね。

様々な痛みに効果を発揮してくれる健康食品が、プロポリスです。
プロポリスには、鎮痛作用があります。
プロポリスは薬ではないので、即効性は感じられないかもしれません。
しかし、体に負担をかけることなく痛みを緩和することができます。

プロポリスは鎮痛作用だけではなく、痛みの原因に作用することができます。
ひとつ例を挙げてご説明しましょう。
プロポリスは胃炎を改善する効果があるのですが、胃炎を起こしているときにプロポリスを摂ると、胃炎の原因物質であるピロリ菌をやっつけてくれます。

この他には、ホルモンバランスの乱れを整える作用+鎮痛作用により生理痛を緩和、口内環境改善効果+鎮痛作用により歯痛を緩和することができます。
このように、プロポリスを摂ると、痛みを緩和するだけではなく痛みの原因にも作用するので、鎮痛剤よりも効果的なのです。

プロポリスを摂って、痛みが起きない健康な体にしたいという方にお勧めなのが、プロポリスのサプリです。
プロポリスは香りと味が独特なので、サプリで摂ると味を気にせずに飲むことができます。

プロポリスには赤色と緑色があります。
赤色はアンチエイジング効果が高く、緑色は免疫力を高めたり体の不調を改善する効果が高いので、鎮痛効果を期待する方は緑色のプロポリスをお試し下さい。

妊娠中の方や授乳中の方は、プロポリスを利用することができません。
それは、プロポリスが赤ちゃんに与える影響について詳しく解明されていないからです。
ですから、妊娠中のお腹の張りによる痛み、授乳中の乳腺炎の痛みなどはプロポリス以外の方法で解消するようにしてください。

プロポリスは鎮痛作用以外にも様々な健康・美容効果があるので、飲み続ける価値は十分にあります。
鎮痛剤に頼りたくないという方や体に負担をかけずに痛みを解消させたい方は、ぜひプロポリスをお試し下さい。