糖尿病の人もプロポリスを飲んで大丈夫?

糖尿病とはどのような病気なのでしょうか? 糖尿病には、1型と2型があります。
1型糖尿病は、インスリンを作る膵臓の細胞が何らかの原因で壊されて、インスリンが作られなくなることにより発症する糖尿病です。
1型糖尿病は、子供や若年層に多くみられます。

2型糖尿病は、インスリンの分泌が少なくなったり、働きが悪くなることで起こります。
日本の糖尿病患者の約90%が、2型糖尿病です。
日本人は遺伝的にインスリン分泌が弱い方が多いのですが、肥満、運動不足、ストレスなどの要因が加わることで発症しやすくなります。

糖尿病の特徴は、膵臓から分泌されるインスリンの働きが悪くなって、血液中のブドウ糖が多くなる高血糖状態です。
血糖状態になると、だるさや喉の渇きなどの症状があらわれ、次第に全身の様々な器官に合併症が起きてしまいます。
最悪の場合、失明したり、人工透析が必要になることも。
克服するためには、病院で適切な治療を受けることです。
そして、一番大事なことは予防をすること。

そこでお勧めなのが、プロポリスです。
プロポリスは、糖尿病を発病する前の方もすでに糖尿病の方も飲むことができます。
プロポリスには、インスリン抵抗性の悪化を防ぐ作用があります。

実際に人間ドックで血糖値が高い方が、食事制限+プロポリス摂取の生活を続けていたところ、三ヶ月でHbA1が基準値に戻ったということです。

プロポリスは体の各器官の機能を向上させたり、免疫力をアップさせる効果があります。
食生活が乱れがちな方は糖尿病予防のために、プロポリスを利用してみてください。
プロポリスは薬ではないので、副作用がありません。

プロポリスは毎日飲むことで、健康効果を実感しやすくなります。
しかし、プロポリスは味と香りが強烈です。
そこでお勧めなのが、プロポリスのサプリ。
サプリなら味や香りが気にならないので、毎日飲むことができます。

糖尿病は一度発病すると完治が難しいので、糖尿病を予防したい方はぜひプロポリスをお試しください。
糖尿病の方は、お医者さんと相談しながらプロポリスを摂ってみてくださいね。