プロポリスで胃痛改善

年齢とともに胃痛が起きる回数が増えてきた、という方はいらっしゃいませんか? 胃痛の原因は、胃の粘膜の炎症や損傷です。
また、胃の筋肉が痙攣することでも起きます。

胃の粘膜を刺激するものは、アルコール、タバコ、香辛料、カフェインなどの刺激物です。
辛いものだけではなく、冷た過ぎるものや熱すぎるものも胃を荒らす原因になります。
そして、食べ過ぎや飲み過ぎも胃痛の原因です。

ストレスなど心理的な影響によって、胃痛を引き起こす場合もあります。
自律神経は、胃酸の分泌量に影響を及ぼします。
自律神経が乱れると、胃酸の分泌が多くなって胃粘膜が荒れやすくなります。
また血流も自律神経の影響を受けやすいので、自律神経が乱れることによって胃粘膜を守る働きが低下してしまうのです。

このような原因以外で考えられる原因は、ピロリ菌です。
ピロリ菌は日本人の二人に一人が保菌しているといわれている菌で、ウレアーゼという酵素が胃の中の環境を荒らして胃粘膜を傷つけたり炎症を引き起こしてしまいます。

胃痛を引き起こす食生活や生活習慣の乱れは自分で改善しやすいですが、ストレスやピロリ菌は自分の意識を変えるだけでは改善することが難しいですよね。
そこでお勧めなのが、プロポリスです。

プロポリスは、ストレスにもピロリ菌にも効果を発揮してくれます。
まずは、ストレスについてお話しましょう。
プロポリスには抗酸化作用があるフラボノイドが豊富に含まれているので、自律神経の働きを緩和して、バランスを整える効果があります。
また、免疫力を強める作用もあるので、ストレスに強い体をつくることができるのです。

次に、ピロリ菌についてお話します。
プロポリスを摂ると、胃の中の環境を壊すウレアーゼの機能を阻害して、ピロリ菌を撲滅することができます。
先程ご紹介したフラボノイドは、悪い菌の増殖を抑えて体内の代謝を活発にする作用があるので、強い胃腸をつくることができます。

このように、プロポリスを摂れば、胃痛の原因となるストレスやピロリ菌に負けない体をつくることができるのです。
もう胃痛で悩みたくないという方は、ぜひプロポリスをお試し下さい。