プロポリスと扁桃腺の関係性

扁桃腺という言葉は聞いたことがあるけど、どういうものなのかよく分からないという方は多いのではないでしょうか?
扁桃腺とは、舌の付け根の両サイドに見られるこぶのようなもの。
幼少期から七、八歳まで大きくなり、その後次第に小さくなります。
扁桃腺は、外から入ってくるウイルスや細菌などを撃退する免疫器官です。
しかし、風邪やストレスなどで体の抵抗力が落ちると、扁桃腺についたウイルスなどが増殖して炎症を起こして大きく腫れてしまうことがあります。
これを扁桃腺炎といいます。

扁桃腺炎の初期症状は風邪の症状と似ているので、ひどくなるまで気がつかいない方がほとんどです。
症状がさらに悪化すると、急性扁桃腺炎になります。
扁桃腺炎の主な症状は、頭痛、寒気、発熱、扁桃腺に黄白色の膿が付着するなど。
急性扁桃腺を年に数回繰り返すと、慢性扁桃腺になります。
慢性化すると合併症を引き起こす危険性があるので、最悪の場合、扁桃摘出手術が必要になるのです。

扁桃腺に違和感があるときには、できるだけ早く対処することが必要。
そこでお勧めなのが、プロポリスです。
プロポリスは、免疫力を高める効果があります。
ですから、プロポリスを継続的に摂っていれば、免疫力がアップして扁桃腺の機能が低下しないのです。
プロポリスは抗炎症作用、殺菌作用があるので、扁桃腺炎を起こしている方にも効果的。
扁桃腺の炎症を抑えることができるので、早く治るだけではなく慢性化するのを防ぐこともできます。

プロポリスを摂って体の免疫力をアップさせるには、サプリがお勧めです。
サプリは水で簡単に飲むことができるので、無理なく飲み続けることができます。

扁桃腺炎でお悩みの方にお勧めなのは、プロポリスの原液です。
プロポリスの原液を綿棒につけて、直接扁桃腺に塗ると扁桃腺炎を治すことができます。
また、プロポリスの原液を水で薄めてうがいをすることもお勧めです。

扁桃腺が腫れやすい方は、ぜひプロポリスをお試し下さい!