プロポリスで痛風の痛みを鎮める

「風が吹いただけでも痛い」といわれる痛風。
痛風とはどのような病気なのでしょうか?

痛風の症状は、足の親指の付け根などの関節に突然我慢できないほどの激痛が起きることから始まりです。
次第に、患部が赤く腫れ上がり、一週間ほど痛みが続きます。
その後、痛みはなくなるのですが、尿酸値が高いまま治療をせずに放っておくと、再び同じような痛みが起きてしまうのです。

健康な人の体内でも尿酸は毎日つくられているのですが尿酸が過度につくられたり、うまく排泄できなかったりすると血液の中に溶けきれなくなります。
過剰につくられた尿酸は結晶化して関節の膜の部分に沈着するのですが、はがれ落ちることがあります。
すると、白血球がこれを異物とみなして排除するために攻撃し始めるのです。
その結果、関節に炎症が起きて、激しい痛みが発生します。

尿酸値が上がる原因は、肥満、アルコール、ストレスです。
この他にも、激しい運動、遺伝的な要素、薬の副作用が原因で尿酸値が上昇する場合もあります。

尿酸値が高い方は、食生活に気をつけなければいけません。
しかし、毎日食事に気をつけなければいけないのは大変ですよね。
そこでお勧めなのが、プロポリスです。

プロポリスは、痛風の症状を緩和してくれます。
プロポリスには抗炎症作用があるので、痛風の症状である関節の炎症を抑えることができるのです。
また、プロポリスには免疫向上効果、抗酸化作用、抗菌作用もあるので、飲み続けていれば健康の底上げをすることもできます。
プロポリスは薬ではないので、副作用の心配もありません。

プロポリスは原液タイプとサプリタイプがありますが、痛風対策のために飲む場合にはサプリタイプがお勧めです。
サプリタイプなら、プロポリスの味が気になりませんよ。

プロポリスには赤色と緑色があります。
痛風により効果的なのは、体の不調を改善していく有用成分が多く含まれている緑色のプロポリスです。

痛風でお悩みの方は、ぜひ緑色のプロポリスサプリをチェックしてみてくださいね!