プロポリスの副作用を知る

プロポリスは栄養成分が豊富な健康食品です。
抗菌作用、殺菌作用、抗炎症作用、抗酸化作用、抗アレルギー作用など様々な効果があるので、プロポリスを摂ると健康を維持させやすくなります。
これほど優れた効果があるなら、副作用も強烈なのではないかと心配になりますよね。

プロポリスの副作用についてご説明しましょう。
そもそも副作用というのは薬を副作用したときに、その薬の本来の効果以外の作用が出ることです。
プロポリスは健康食品なので、副作用という概念が存在しません。

しかし、プロポリスを過剰に摂取したり、薬との飲み合わせによって体に悪影響を及ぼすことがあります。
ですから、パッケージに記載されている用法・用量を確認して、正しく飲むことが必要です。
プロポリスに限らず、どのような食品でも体に起こる反応には、個人差があります。
自分の体質を考えながら摂取する習慣をつけるとよいでしょう。

プロポリスに含まれる成分によって、アレルギー反応が現れる方がいらっしゃいます。
特に、ハチアレルギーのある方は注意が必要です。
また、妊娠中や授乳中の方は、プロポリスの摂取を控えてください。
プロポリスの健康効果は大変強力なので、赤ちゃんに影響を及ぼす危険性があります。

初めてプロポリスを摂取する方は、どんな点に気をつけたらよいのでしょうか? プロポリスは体質によって合わない場合があるので、はじめは少ない量から試してみましょう。
摂取してみて体調に問題ないことを確認できたら、商品が定めている用量を守って飲んでください。

服用している薬とプロポリスの飲み合わせが気になるという方は、プロポリスの販売元かかかりつけのお医者さんに聞いてみましょう。
このような点においてもプロポリスを選ぶときには、サポート体制がしっかり整っているメーカーだと安心です。

今まではプロポリスを普通に飲めていたけど、体調の変化によってプロポリスが体に合わなくなったという方もいらっしゃいます。
そのような場合は、摂取量を減らしたり使用を控えるなど、今の体調に合わせてプロポリスをどのように摂取するべきか考えてみましょう。