プロポリスと副鼻腔炎

鼻づまりや鼻水など、様々な症状が出る副鼻腔炎。
副鼻腔炎は、副鼻腔の粘膜にウイルスや細菌が感染することなどにより起こる炎症のことです。

副鼻腔炎には、急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎の二種類があります。
急性副鼻腔炎は、ウイルスや細菌感染などによって副鼻腔に起こる急性の炎症です。
症状は通常、一~二週間で治まります。
鼻水や鼻づまりのほかに、頭痛や顔面痛が起こる場合もあります。

慢性副鼻腔炎は、急性副鼻腔炎が長引いたりくり返し起こることによって、症状が三ヶ月以上続くものです。
慢性副鼻腔炎は、蓄膿症と呼ばれています。
炎症が続くと副鼻腔の分泌液の量が増えたり粘度が高くなるので、慢性副鼻腔炎の状態がさらに悪化してしまうのです。

副鼻腔炎を予防するためには、どうすれば良いのでしょうか? 予防法を二点ご紹介します。

まず、風邪をひいたあとに鼻水や鼻づまりが続く場合には、速やかに受診しましょう。
副鼻腔炎を放置しておくと、慢性化したり合併症を引き起こす可能性があります。

次に、鼻のかみ方を工夫しましょう。
鼻を勢いよくかむと、鼻の細菌が中耳に感染して中耳炎を引き起こす場合があります。
鼻をかむときには、ゆっくりかむようにしましょう。

副鼻腔炎を予防、解消できるお勧めの方法があります。
それがプロポリスです。

プロポリスには数多くの栄養成分が含まれています。
中でも注目すべき成分が、フラボノイドです。
フラボノイドは、抗菌作用や抗炎症作用が強力な成分。
プロポリスの中には、このフラボノイドが四十種類以上も含まれています。
ですから、プロポリスを摂ることで体内に悪い菌が繁殖しにくい環境を作ることができます。
そして次第に、鼻粘膜の炎症を沈めることができるのです。
プロポリスを継続的に摂ることで、慢性副鼻腔炎を防ぐこともできます。

プロポリスを摂る方法はサプリが一般的です。
プロポリスは赤色と緑色があるのですが、副鼻腔炎に対してより有効なのは免疫力を高めることができる緑色のプロポリスです。

プロポリスを摂って、副鼻腔炎を予防・解消していきましょう!